腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰椎すべり症とさまざまな腰痛



腰椎すべり症脊椎すべり症ともいい、症状としては腰痛症と似たような状況ではあるのですが痛みは余り激しいものでは無いようです。

腰椎すべり症では腰の痛みのほかに下肢における痺れや痛みなどもおこることがあるようです。腰椎すべり症の原因としては、椎体がその下の椎体にたいして滑り込んでしまうことを言うのですが、脊椎が分離することによるものや椎間板が使い古されることによってもおこるもののようです。

 これ等の腰椎すべり症にはいくつかの種類があるのですが、其のうちのひとつとしては腰椎分離すべり症として、前にかがんだ姿勢において感じる症状なのですが、腰が突っ張った感じがすることやあまり安定しない感じがするもののようです。この他には「腰椎変性すべり症」として原因としては立ち仕事などを長い期間続けることによって起きるもののようで、腰痛のほかにお尻にも痛みを感じます。その他痺れが出ることもあるようです。この他には先天性腰椎すべり症」、「外傷性腰椎すべり症」、「病的脊椎すべり症などがあります。

 腰椎すべり症のほかの腰痛としては椎間関節性腰痛症として、症状は腰痛があり朝起きるときは痛みが酷いものの日中からだが動くにしたがって痛みが楽になってくるもので、原因としては腰椎にある関節に起こる炎症などがあるようです。この病気が生じる年代としては中年世代以降の人たちに多く見られるようです。この他には坐骨神経痛シュモール結節骨粗しょう症による腰痛など様々な腰痛の原因があるようです。



腰痛~このブログのトップへ
スポンサーサイト

腰痛の原因



腰痛肩こりが起こる原因としては色々あるようなのですが、一般的に約80%余りの人たちが腰痛になる可能性があるという情報もあるようです。腰痛の原因としては、外的な原因としては姿勢を悪く保っていたことなどがありますし、内的な原因としてはその人の筋力が不足しているということもあるようです。外的な原因の具体的なものをあげると、同じような姿勢を長時間とっていたりすることや、もともと猫背の傾向があるなどや靴などが足にあっていないことなどがあげられこれ等は全て姿勢を悪くしてゆく要因となります。内的な要因の具体的な例としては筋力の弱まりなのですが、この弱まりは年を取るごとに進んでゆくものです。この筋肉が弱まることによって姿勢はくずれてゆき腰痛などの病気の原因となります。

 このほかの腰痛の原因として考えられるのは、更年期障害などです。具体的に言うと肩こり腰痛などは、更年期障害が起こるのと関わっているとされますが、エステロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンは少なくなると、老化によって筋力が弱まるのと合わさり、肩こりや腰痛の原因となることがわかっています。腰痛や肩こりの類はできるだけ慢性的な状態にしないことが望ましいとされます。普段からの心がけが大切で、日々を見直して行きこれ等の要因を考えながら生活改善を行うことも大事です。腰痛の主なものとしては椎間板ヘルニア骨粗しょう症などの病気は原因が背骨にあるものですし、内臓の病気が原因で腰痛が起こるものとしては腎臓結石や悪性の腫瘍なども考えられるようです。


腰痛~このブログのトップへ

腰痛症とは



腰痛症とはどのような症状なのかというと、腰の辺りの傷みを総称していう言葉で、様々な病気を原因として発症するものです。病変としては腰の筋や脊柱、神経や筋膜などや下腹部の内臓、骨などでおこることが多いようです。腰痛症を一般に言うと主な原因が良くわからない腰の痛みのことを言うようで、脊椎カリエス椎間板ヘルニア、骨折などというはっきりした原因がある病気が原因の腰痛を除きます。

 腰痛症の症状としては、腰を動かしていないときには余り傷みを感じないもののようですが、感じとしてはだるく重い感じなどがあり、腰を伸び縮みさせると傷みを感じることが多いとされます。治療としては専門の病院で直してゆくことが大切で、医師の診断により原因となる病を見つけて行き対処・予防などすることが重要となるのですが、症状の緩和方法としては腰を安静に保つことや電気療法、湿布などや体操、コルセットを着用したりマッサージを行うという方法などもあるようです。

 腰痛症の原因としては肩こりと並んで同じ姿勢を長時間続けて仕事をしていたりすると筋肉も硬直してきますし重いものなどをよくない体勢にて持とうとしたりすることで無理な力がかかったときなどに発生します。腰痛症や肩こりは一度症状が重いものになってしまうとしっかりと直すのが難しくなるといわれるようですので、予防としてこれ等の症状が悪くなる前に腰痛が対象のストレッチや入浴などによって少しずつ改善してゆくのも良いでしょう。ストレッチには効果のあるものも多くあるようですので腰痛症の予防のために色々な場所で調べて実行してみてはいかがでしょうか。


腰痛~このブログのトップへ

妊娠からくる腰痛



妊娠すると腹部が大きくなるために体の重心も前のほうに動きます。妊娠した体でバランスを取ろうとすると上体をそらす格好をすることになり、この格好で普段の行動を取ることになります。このため背中などや腰に負担がかかってくるのですがこの際に腰痛になることが多いようです。その他にも妊娠中にはホルモンが胎盤から分泌されるのですがその影響などで骨盤周辺のじん帯などが緩んでしまうために出っ張ったおなかを支える力がどうしても弱くなりがちです。妊娠中は常に腰の筋肉に力がかかっているのですが赤ちゃんの体重なども支えているのですから、妊娠には腰痛はつき物の状態であるといえるでしょう。

 なかには妊娠している人の半分の人が腰痛に悩むという情報もあるようです。出産のときに腰痛のためにどうかなるということはないのですが、赤ちゃんを産んだあとに直ることが普通だといいますので、腰痛がある間は姿勢を正しくしてみたり楽な方法を考えるなどして痛むときは適度に休むのが良いでしょう。妊婦さん向けの腰痛の解消方法としては、姿勢を正しくすることなどがあります。妊娠すると腰痛はどうしても起こりがちだといえるのですが、普段の生活の中にも腰痛対策の工夫をする余地はあります。家の中で家事などを行うときは中腰になることも多いと思いますので背筋を伸ばして正しい姿勢を心がけてください。

作業を立って行うときは片方の足を台に乗せることなどもできますし、重いものなどを持ち上げる際には腰をいったん下ろしてから持ち上げるのがよく、立ったまま物を持ち上げては腰によくありません。歩くときの方法としては姿勢良く背筋を伸ばして余りおなかを出し過ぎないようにして歩くのもコツです。靴はヒールの入っていないものにすると良いでしょう。


腰痛~このブログのトップへ

腰痛-椎間板ヘルニア



椎間板ヘルニアの主な症状といえば、まずは腰の部分からつま先にかけての筋力が低下することや痛み痺れなどですし、もうひとつは痛みが酷いことでせきやくしゃみをしても大きな腰痛が感じられることです。椎間板ヘルニアは、神経の根を押して行き症状として坐骨神経痛などを引き起こします。椎間板ヘルニアが酷くなったときなどは腰痛のためオシッコができなくなることもあります。

 椎間板ヘルニアの腰痛の程度としては、痛みが腰と両脚におよびますので腰の部分を曲げていないと立っていられないぐらいであるようです。頭を前にした状態でいすに座ることになるため辛く感じますし、布団に横になっていないとダメなぐらい辛いということもあるようです。

 椎間板ヘルニアの主な原因としては、その人が年を取ることによる場合もありますし、または背骨の部分に余計な力がかかるということも原因として挙げられます。椎間板の真ん中にある骸核と呼ばれる部分が柔らかさを失って繊維が破れてしまい、骸核が繊維輪を飛び出してしまって神経などを圧してしまう結果になります。椎間板の働きとしては脊柱のクッション材の役割をしていることもあるのですが、椎間板は20歳を過ぎたあと年を取るごとに衰えますので、働き盛りの年代においての看護、セールス、事務職など軽作業を行う人などに良くみられるようです。原因として椎間板が飛び出しているだけの場合は特に問題にはならないのですが、飛び出した椎間板が神経を刺激することによって痛みなどが発生することになります。


腰痛~このブログのトップへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。