腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛ベルトを使った腰痛体操



 腰痛を和らげて行く腰痛体操には、腰痛ベルトを使用して行うものもあります。

腰痛ベルトをして行う腰痛体操としては、腰痛であれば全てに効果があるわけではなく、どのような場合に効果があるかという事は医師などに相談の上で実行されることをおすすめします。また、腰の痛みなどが強く感じられるときなどや腰を痛めてから間もないとき、体操を行ったら痛みが増したなどの場合には体操は行わないで医療機関などに相談してください。

 腰痛ベルトを使用する際には、ベルトを巻く場所としては腰骨から測ってこぶしひとつに値する分だけ離れた場所に巻いてください。腰だからといってウエストに巻きつけても良い効果は得られないようです。巻く強さとしては仙腸関節の上にベルトを巻くのですが、ベルトの間に親ゆびが入るぐらいにきつく巻いてください。腰痛ベルトを巻き終わったら腰痛体操を行うのですが、まずは両足を肩幅の広さに開いて立ちます。フラフープを行うようにして一回転について2秒ほどかけて回転させます。左右両方の側でまわすのですが、片方50回ほどを目安としてまわしてください。

 腰痛ベルトを使った体操のポイントとしては、足をしっかり地面につけたうえで膝は曲げないようにしてください。腰は水平になるように意識してゆっくり行うと良いでしょう。腰痛ベルトは市販のものもあり、幅などがある程度あるものが売られているようなのですが、タイヤのチューブなどを使用しても良いようです。腰痛ベルトを使用した体操は骨盤を揺らすことで骨のズレを直してゆくという考えの下に考えられたものですので、特別に薦められる方法というわけではありません。


腰痛~このブログのトップへ
スポンサーサイト

腰痛を予防しよう



腰痛の予防のためには、ウォーキングなどが適しているとされるのですが、ウォーキングは色々な運動と比べて激しさも少ないですし腰にかかる負担なども余りありません。其の上に腹部や背中の筋力をアップさせることもできますし、こし回りを鍛えることにもなります。お金がかかる運動ではありませんし、好きなときにできるので行いやすい運動であるといえます。ウォーキングの良いところはこの他にも、心臓や肺の働きが強まるということに加えて血管なども強くなりますし、骨も強くなります。頭の働きもよくなりますしストレスにも良い効果を与えるようです。

 ウォーキングを行う際には汗ばむぐらいのスピードをだして、姿勢を正しくして行うと良いでしょう。また、長期間続けてゆくことも大切になってきます。ウォーキング腰痛リハビリにもなりますし、腰痛予防にもなるものです。ウォーキングの歩き方としては、足を一歩出すときにかかとから着地し、地上から足を離すときに親指で床をけることと、後の足のかかとは最後に離れること等があります。まっすぐに歩くようにして、呼吸としては吐く息を意識してください。この際には腰痛が酷く痛むときにはウォーキングなどは行わないほうが無難でしょう。また、痛みがあるときに長時間歩き過ぎないようにしてください。

 ウォーキングをする際の姿勢については、体をまっすぐにして歩いているかどうか、斜めにして歩いていないかなどや、背中などが丸まっていないか、姿勢を意識しすぎて胸がそっていないか、歩き方においても足を引きずって歩いていないかなどもチェックの対象です。腰痛予防のためにはまっすぐ歩くのが基本ですから、歩き方で内股やガニ股は直すようにしてください。





腰痛~このブログのトップへ

腰痛の予防のコツ



腰痛の原因としては、悪い姿勢をとるだとか運動不足による筋力の低下、肥満であるとか疲労ストレスなども考えられるようです。現代の人たちは日常で歩くというチャンスが余り無いですので、腰痛の予防のためにも普段から歩くようにすると良いでしょう。歩くときには腰の部分を前に出してゆくようにして歩くことで効果も上がりますしダイエットにも使える方法です。あるく時には筋肉が使われているのを意識しながら行うと良いでしょう。腰痛の予防には、日常生活において歩く以外にも軽い運動など体を動かすようにして運動不足を防ぐようにしてください。普段からの軽い運動のひとつとしては、現代では余りしなくなったことのひとつですが拭き掃除などを雑巾で行ってみるのも良いでしょう。腰の筋肉は使わないでいるとどんどん弱ってきてしまうもののようですのでこれ等の運動によって少しでも腰痛を防いでゆきましょう。

 今では若年層においてもぎっくり腰などが増えてきているといいますが、腰痛予防などには入浴などが血の流れを良くしますので効果があります。特に半身浴で時間をかけて入浴するのも良いでしょう。半身浴の方法としては、40度ぐらいのぬるいお湯におなかの辺りまでつかります。入浴の際には背中を伸ばした状態のほうが負担がかかりません。体から汗が出てくるまで15分ほどお湯に入ったら、最後に肩まで浸かってあがるとよいでしょう。浸かるお湯の温度が熱いものだと体は中まで温まりませんので芯から体を温めるには半身浴は効果のある方法です。




腰痛~このブログのトップへ

腰痛改善エクササイズ



腰痛改善のために作られた体操の一つとしてキャットエクササイズというものがあるようです。腰痛を改善してゆくエクササイズなのですが、無理をしたりすることなくマイペースに行うことが望ましいでしょう。腰の痛みなどが大きいときなどは、エクササイズなどはせずに寝るなどして安静にしている必要がありますし、日中起きているときなどは体や腰の部分に力がかからないように無理のない姿勢をとるようにします。

 腰痛が少しよくなって、多少の範囲で動かしたりすることが可能になったら、痛みを感じないようにして体操など行い腰の部分などを適切に動かしてゆくことが必要になります。腰痛があるからといって体などを動かさないでいると、血行にも悪いですし代謝も悪くなります。血行代謝などが悪くなると老廃物なども筋肉にたまりやすいですしこのことで酸素の供給や栄養の補充がうまくいかなくなったりもしますので、適度な体操は必要です。

 キャットエクササイズは、腰への負担が少ないとされる四つんばいの格好をして行う体操で、ネコのような姿勢をとるというものです。背中や首にかけての部分を伸ばすのにもよいですし、肩にも良い影響を与えます。キャットエクササイズを行えそうだと思う人はやってみることをお勧めします。キャットエクササイズの基本としては、息を深く吸い込み深呼吸を行います。息を吐きながら四つんばいの姿勢をとり両足と両腕を自分の肩幅の長さに開きます。深呼吸を行うことで血行新陳代謝を良くして筋肉をやわらかくしてゆきます。深呼吸をもう一度行いながらゆっくり腹部を下に落としてゆき頭をあげて腰をそらすようにします。ポーズは5秒間ほど停止して行うのですが、この姿勢のまままた深呼吸などを行います。


腰痛~このブログのトップへ

腰痛の対策



腰痛などは立ち仕事を行う人に多く起こるのですが、その人の抱える生活習慣や年齢など様々な要因が複雑に絡み合って起こるものであるため、治療や対処の方法に関してもその人それぞれといえるのですが、対策のひとつとしては痛みが酷いときなどには安静にして寝ていたりなどするのが好ましいのは当然のことでもあります。腰痛の治療法としては病院など専門家に任せるのが良いと思われますが、ここでは対処法や腰痛の予防の方法として一般的なものを紹介します。

 腰痛の対策としてはまず第一に入浴を行うことがあります。入浴をすると水の浮力によって腰痛自体も和らぎますし負担も軽くなります。体温が上がることによって血液循環もよくなりますので痛みはさらに軽くなるようです。入浴の際のお湯の温度としては、38度から40度の温度のものが良いとされるのですが、ぬるいお風呂はリラックスの効果がありますし筋肉を適度にほぐしてくれるようです。もうひとつの腰痛対策としては余り大きな負担を腰にかけないことがあります。同じ姿勢をずっと続けるようなことは止めるようにしたほうがよいですし、家事などのときにも高さを調節して前にかがむ状態を作らないようにすることもできます。どうしても同じ姿勢をとる仕事などについているときなどは仕事の合間に軽く体操などをして体を動かし腰痛を軽くするのも手の一つです。

 腰痛には靴も大きな影響を与えます。かかとの高い靴などは腰に負担をかける原因になります。普段歩くときには腰への負担が少ないであろう靴などを選ぶと良いでしょう。その他の腰痛対策としては姿勢を正しくすることがあります。腰痛対策はまず姿勢を正すことで筋肉の負担などを減らしましょう。


腰痛~このブログのトップへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。