腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛のレーザー治療



腰痛の治療法にはレーザーを使用するものがあるようです。腰痛が症状として出る病気のうち椎間板ヘルニアという病気があるのですが、椎間板ヘルニアはレーザーを使用した治療も可能です。

レーザー治療は手術のひとつなのですが、経皮的髄核減圧術と呼ばれる方法で日本で行われたのは1992年からであるようです。この方法の具体的なものとしては、体から数ミリ程度の長さの針を刺すことによって椎間板の髄核まで及ばせて、そこにレーザーを当ててやります。レーザーを当てられた後には、椎間板の内部は減圧状態になり神経を圧迫するのをかるくするもののようです。

 レーザー治療の対象としては、どのような腰痛や椎間板ヘルニアにおいても治療可能であるというわけではないようです。レーザー治療を希望する人は、自分がかかっている医師とヘルニアの状態を相談の上で検討してみてください。椎間板ヘルニアのレーザー治療に及ぼす時間というと、約10分ほどであるとされます。この治療においては保険の適用になる治療ではありませんので、大体の範囲でいうと20~40万円ほどを考えておくと良いでしょう。

 レーザー治療のほかの手術方法としては、ラブ法と呼ばれるものもあり、ラブ法の具体的なものとしては背中側を数センチ切り開き、腰椎を削り取るもので、腰椎を削ることによって髄核が脊椎神経を押しているのを取り除くことができます。ラブ法の手術にかかる時間としては30分から1時間ほど見るとよいでしょう。手術のあとは状態にもよるのですが1~3週間の入院のあと退院できるのが普通のようです。



腰痛~このブログのトップへ
スポンサーサイト

なぜ腰痛になるのか?



どうして腰痛が起こるのかという原因については、其のうちのひとつとしてS字カーブと呼ばれるものがゆがんでしまうことによって起こるとされています。

脊椎は通常の場合だとS字をとってかるくカーブしているもののようなのですが、S字型にカーブしていることによって体を支えたり運動機能を維持しているようです。腰痛になる脊椎のゆがみ方としては、まずは反りすぎ腰として凹背とも言うのですが前湾カーブと呼ばれる腰の部分が反りすぎることによって障害が出てきます。また、まっすぐ腰といって平背などといい、前湾カーブがこんどは平らな状態になることで起こります。これ等のように背骨が通常通りのS字型のカーブを取らずに形がゆがんでしまうことで運動をしたり一定の姿勢などをとる際に障害が生じることになります。

 これ等の腰痛S字型カーブの歪みに対する原因としては、普段とっている姿勢が悪いことや生活上で行う動作のくせなどがあるようです。

普段とは異なる状況など、たとえば妊娠であるとか普通の人よりも標準体重よりかなり重い人であるとか、体がもともと硬いであるとか運動不足などによって腹筋が弱くなるなどしてからだの重さを支える際にS字カーブが色々な方向でゆがんでしまうものとなるのでしょう。

この他の腰痛原因としては普段の生活が座ることが多いものであまり歩くことが無いということがあげられます。人間は二本の足で歩くようになってからより腰に力がかかることになるわけなのですが、現代の生活では中腰になることだとか、座ることも多いですし自動車など運転する機会もかなりあるといえます。このような姿勢脊椎が正しく曲がっている状態には障害もありますし良いものではないようです。



腰痛~このブログのトップへ

腰痛を治す、予防する



腰痛改善予防を行ってゆくためには、日常生活においていくつかのポイントがあります。腰痛になったそもそもの原因や其の腰痛の程度や状況にもよって対処方法は色々あるのですが、ここでは一般に腰痛症と呼ばれる状態や其の症状が軽くなって落ち着いてきたときの対処方法を紹介します。

腰痛が安定してきて再発をしないための予防方法としては、脊椎の自然の形であるS字カーブを正常に維持すること、またふだんから姿勢や動きなどを腰にあまり負担のないようなものにすることも大事ですし、具体的には次のようなことに対して日常から腰を楽に保つような生活を行うようにしてゆくとよいでしょう。

 日常で腰に負担の少ない生活方法としては、まずは姿勢を正しく保つことがあげられます。座るときだけではなく立っているときにも良い姿勢を保つようにして自然なS字型カーブを維持するようにしてください。
もうひとつの方法としては普段の生活において膝や股の関節を上手に使ってゆくことがあげられます。腰を余り曲げないよう、また中腰になるのを避けるために膝や股の関節を使って物事を行ってゆくようにします。この際には股の関節などが柔らかいほうが腰に重さがかからないので良いようです。

 このほか日常生活において腰痛予防して腰に負担をかけない方法としては、ものを持ち上げるときに腕だけを使わないようにすることがあげられます。持ち上げるものに体自体を近づけるようにしてしゃがみこみ、腰を落としておなかの筋肉背筋を意識しながらひざと股の関節を使って持ち上げます。腕だけで持ち上げると腰を曲げることにもなりますのでよくありません。


腰痛~このブログのトップへ

腰痛のぎっくり腰と分離症



強調文腰痛のタイプとして原因が腰を後ろ側にそらすことで痛みを感じる型腰痛があります。ゴルフなどの運動を行っていて腰を強くひねることであるとか、腰を後ろ側にいきなり空素であるとかという動作を行うことでなることが多いようです。このタイプの腰痛には老人のよくなる変形性腰椎症であるとか、若年層ではスポーツをよくする人に良く見られる腰椎分離症であるとかすべり症などもあります。

 このうち腰椎分離症に関しては、原因としては腰椎の中の椎骨の部分に一部ヒビが割れることになるのですが、ヒビが最後には分かれてしまって背骨全体が安定感をなくし痛みが走ります。スポーツの激しい動きにより起こるもののようですが、年齢の若い人や選手などに起こることが多いようです。きっかけとしては疲れであるとか捻挫などが始まりとなって脊椎の動きが悪くなり、痛みや痺れがやってくるようです。腰椎分離症の急性期においてはもちろんスポーツなどを行ってはいけませんし、腰を使うような仕事をしたりだとかは止めたほうが良いですし、できるだけ安静にしているのが良いでしょう。腰椎が分離したところや脊椎自体を手術で固定する治療が行われることもあるようです。

 この他腰痛の種類としては急性腰痛症として一般にぎっくり腰とよばれるものがあります。ぎっくり腰は中腰などで重いものを持ち上げる動作を行ったときであるとか、腰を急にねじるなどを行ったときに腰痛となって起こるのですが、原因のひとつとしては筋肉の繊維が裂けている場合もありますし腰のじん帯を捻挫した状態になっていることもあります。多くの場合は軽いもので痛みなども数日後には取れるようですが、椎間板ヘルニアや骨折であることもありますのでぎっくり腰というのは一時的な病名であると言えます。



腰痛~このブログのトップへ

病院で受ける腰痛の治療



腰痛が原因で病院にかかるときには、その腰痛の症状であるとか病気によって様々な治療法があるのですが、通常の場合に病院で受けることができる治療には以下のものがあります。

まずは対処方法として「安静」に保つということが挙げられます。腰痛の急性期では、できるだけかかる負担を減らしてゆくことが重要ですし、安静にしていることによって治療の効果もあるようです。

腰痛の病院における薬物療法としては、神経の損傷の回復に有効とされるビタミンB12であるとか、消炎鎮痛剤などのほかに精神安定剤や骨粗しょう症の場合は其の治療薬などが状況によって出されるようです。

 
腰痛の際の理学療法としては、温熱療法として暖めることで血の流れを良くして行き筋肉のコリをとって痛みを軽減してゆくのですが、方法としてはマイクロウェーブであるとか赤外線、ホットパックという温熱療法もあるようです。この他の理学療法としては骨盤けん引として腰を引っ張ることで楽にしてゆく方法もあります。そのた腰痛体操などの運動療法もあります。

 
このほかには腰痛の対処方法としてコルセットなどの装具療法ブロック療法手術療法などがあります。

動物は本来は4本の足で歩いていたものですから、それらの動物には背骨というものはとして内臓などの体を支えていたもので、動物の体重はもともとは4本の足に分かれて支えるようになって安定していました。人間は進化の過程で二本足になり背骨の役目から縦の柱の役目になりました。体重は縦方向にかかることになり、特に腰の部分の骨や筋肉に負担がかかるようになりました。この背骨はバランスなどをとるのにも複雑になっているために歪みなどが少し出るだけでも、体の不調となって現れやすいのです。


腰痛~このブログのトップへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。