腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛のぎっくり腰と分離症



強調文腰痛のタイプとして原因が腰を後ろ側にそらすことで痛みを感じる型腰痛があります。ゴルフなどの運動を行っていて腰を強くひねることであるとか、腰を後ろ側にいきなり空素であるとかという動作を行うことでなることが多いようです。このタイプの腰痛には老人のよくなる変形性腰椎症であるとか、若年層ではスポーツをよくする人に良く見られる腰椎分離症であるとかすべり症などもあります。

 このうち腰椎分離症に関しては、原因としては腰椎の中の椎骨の部分に一部ヒビが割れることになるのですが、ヒビが最後には分かれてしまって背骨全体が安定感をなくし痛みが走ります。スポーツの激しい動きにより起こるもののようですが、年齢の若い人や選手などに起こることが多いようです。きっかけとしては疲れであるとか捻挫などが始まりとなって脊椎の動きが悪くなり、痛みや痺れがやってくるようです。腰椎分離症の急性期においてはもちろんスポーツなどを行ってはいけませんし、腰を使うような仕事をしたりだとかは止めたほうが良いですし、できるだけ安静にしているのが良いでしょう。腰椎が分離したところや脊椎自体を手術で固定する治療が行われることもあるようです。

 この他腰痛の種類としては急性腰痛症として一般にぎっくり腰とよばれるものがあります。ぎっくり腰は中腰などで重いものを持ち上げる動作を行ったときであるとか、腰を急にねじるなどを行ったときに腰痛となって起こるのですが、原因のひとつとしては筋肉の繊維が裂けている場合もありますし腰のじん帯を捻挫した状態になっていることもあります。多くの場合は軽いもので痛みなども数日後には取れるようですが、椎間板ヘルニアや骨折であることもありますのでぎっくり腰というのは一時的な病名であると言えます。



腰痛~このブログのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://caremanagement.blog116.fc2.com/tb.php/21-4cf545d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。