腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛のレーザー治療



腰痛の治療法にはレーザーを使用するものがあるようです。腰痛が症状として出る病気のうち椎間板ヘルニアという病気があるのですが、椎間板ヘルニアはレーザーを使用した治療も可能です。

レーザー治療は手術のひとつなのですが、経皮的髄核減圧術と呼ばれる方法で日本で行われたのは1992年からであるようです。この方法の具体的なものとしては、体から数ミリ程度の長さの針を刺すことによって椎間板の髄核まで及ばせて、そこにレーザーを当ててやります。レーザーを当てられた後には、椎間板の内部は減圧状態になり神経を圧迫するのをかるくするもののようです。

 レーザー治療の対象としては、どのような腰痛や椎間板ヘルニアにおいても治療可能であるというわけではないようです。レーザー治療を希望する人は、自分がかかっている医師とヘルニアの状態を相談の上で検討してみてください。椎間板ヘルニアのレーザー治療に及ぼす時間というと、約10分ほどであるとされます。この治療においては保険の適用になる治療ではありませんので、大体の範囲でいうと20~40万円ほどを考えておくと良いでしょう。

 レーザー治療のほかの手術方法としては、ラブ法と呼ばれるものもあり、ラブ法の具体的なものとしては背中側を数センチ切り開き、腰椎を削り取るもので、腰椎を削ることによって髄核が脊椎神経を押しているのを取り除くことができます。ラブ法の手術にかかる時間としては30分から1時間ほど見るとよいでしょう。手術のあとは状態にもよるのですが1~3週間の入院のあと退院できるのが普通のようです。



腰痛~このブログのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://caremanagement.blog116.fc2.com/tb.php/24-aa818cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヘルニアヘルニアとは、体内の臓器や構造が、あるべき部位から逸脱した状態を指す。腹部の内臓に多くみられ、例えば腹壁ヘルニアは、腹壁に生じた裂け目から腹部の内臓が腹膜に包まれたまま腹腔外に脱出するものである。鼠蹊(そけい)ヘルニア・臍(さい)ヘルニアや椎間板ヘル

  • 2007/10/01(月) 19:39:44 |
  • 病気、知らないと怖い!病気の話!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。