腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生理と腰痛



生理の際に腰痛が伴うことがあるのですが、その具体的な例としては月経前緊張症というものがあります。月経前緊張症としては生理が来る何日か前から起こるものとされ、症状としては人によって様々なのですが、腰痛のほか吐き気であるとか倦怠感、腹部に膨満感が感じられることもあるようです。この月経前緊張症は、生理が始まるとなくなるとされますが、この原因としてはまずホルモンの問題があります。生理のときの腹部等の痛みについては、黄体ホルモンと呼ばれるものが関わっているとされます。黄体ホルモンの働きによって子宮から分泌されるプロンスタグランジンと呼ばれる物質は、子宮を縮ませる働きを持ちます。このプロンスタグランジンの量が多いと腰痛や下腹部などに痛みを感じることとなります。

 このほか月経前緊張症が良く起こる女性には、精神的に細やかな人が多いとされています。色々な恐怖や不安、イライラする状態などの心理の状態によっては、これら腰や下腹部の痛みに影響がある場合があるようです。この対策としては精神の安定を試みて、ストレスをためない工夫も必要です。また、自律神経の乱れもホルモンの分泌に関わってくるようです。ストレスがたまることによって自律神経が正しい働きを失ってしまうと、こんどはホルモンの働きに影響を与えます。心の動きと自律神経は深く関わっているため、心を安定させるなど日常でストレスと向き合う工夫などをして自律神経を正常に働かせると良いでしょう。このほか卵巣などの異常によって腰痛になる場合もありますので不安がある場合は婦人科の受診を考えるのも良いでしょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://caremanagement.blog116.fc2.com/tb.php/3-c5a7c6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。