腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後の腰痛



出産後にも腰痛が起こることがあるのですが、注意しなければならないのは恥骨結合の分離についてです。

妊娠中にはホルモンの影響を受けて骨盤が緩むことになるのですが、其の骨盤の中を赤ちゃんが通り抜けるという大きな負荷がかかることによって、骨の中でも恥骨結合部分に異変が起こることがあります。この恥骨結合の部位に異変が起こることを恥骨結合の分離などというのですが、診断としては病院にて超音波検査を行うことによって判明します。

 この他の出産後の腰痛が起こる原因としては仙腸関節に関するものがあります。出産の時には骨盤の後ろのほうにある関節の左右の部分である仙腸関節などにも力が加わることになります。仙腸関節は通常の状態だとじん帯でささえられているのですが、妊娠と出産の過程によってこの仙腸関節はゆるくなってきます。この緩みが原因となって腰痛が出ることもあるようです。この関節の緩みに対してはベルトなどが専用に開発されているようです。

 このほか出産によって筋肉が緩んでしまうだとか、出産後に赤ちゃんを抱くことによって姿勢のゆがみなどが生じることもあるようです。赤ちゃんは3キロほどあるものですから、腰や腕にも相応の負荷がかかることになります。また、出産後産褥期として6週間から8週間ほどを見なくてはならないのですが、お母さんの筋力や体力などが落ちているときに赤ちゃんを抱っこすることで負荷がかかり腰痛の原因となることがあります。出産時には骨盤などに負荷などが大きくかかるものですので、腰痛の予防のためには普段から筋肉を鍛えたり、無理な運動や姿勢をとることはしないなどの工夫が必要となってきます。



腰痛~このブログのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://caremanagement.blog116.fc2.com/tb.php/30-511cc396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。