腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛予防方法



腰痛予防方法のひとつとして呼吸法を取り入れることがあります。腹式呼吸腰痛予防に効果のある呼吸法で、横隔膜を使って呼吸を行う方法です。アメリカやヨーロッパでは腹式呼吸といってもなじみがないようですが、太極拳やヨガなど、その他気功など東洋の国々では腹式呼吸は心と体の調子を正しくするとされて古くから行われてきたもののようです。腹式呼吸は健康法のひとつでもあり、気軽に腰痛予防にもなる呼吸法なのです。

 腹式呼吸を行う際に役立つことというと、腹腔内圧を上げてゆくことによって腹筋などを鍛えることにもなり、腰痛などの予防にも役立ちます。腹腔内圧というのは、腹に力を入れたときに圧力がかかった状態のことをいい、この圧力がかかると体を支える力となってくれます。腹腔内圧が高くなると体にかかる負担も軽くなるといいます。この他には胃や腸の動きがよくなるため便秘や冷え性の改善などにも良いとされますし、リラックスできますのでストレス解消にも良いでしょう。この他には腹式呼吸を行うことによって自律神経系統の働きを正しくさせる働きもあるようです。

 腹式呼吸の行い方としては、息を吸うときに鼻から吸うことでおなかを膨らませて、息を吐くときには口から吐くようにしてその際におなかをへこませて行きます。具体的には、目をつぶった状態でへその下にある丹田と呼ばれる部分に手を置きます。息を完全に吐いてしまったら、丹田を押さえながらゆっくりと息をすいます。息を吸ったら、息を口からはくのですがおなかをへこませる様にして息を吐ききります。腹式呼吸法は座りながら行うものとして、1日10分を目安に行ってみましょう。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://caremanagement.blog116.fc2.com/tb.php/4-c18b4664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。