腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院で受ける腰痛の治療



腰痛が原因で病院にかかるときには、その腰痛の症状であるとか病気によって様々な治療法があるのですが、通常の場合に病院で受けることができる治療には以下のものがあります。

まずは対処方法として「安静」に保つということが挙げられます。腰痛の急性期では、できるだけかかる負担を減らしてゆくことが重要ですし、安静にしていることによって治療の効果もあるようです。

腰痛の病院における薬物療法としては、神経の損傷の回復に有効とされるビタミンB12であるとか、消炎鎮痛剤などのほかに精神安定剤や骨粗しょう症の場合は其の治療薬などが状況によって出されるようです。

 
腰痛の際の理学療法としては、温熱療法として暖めることで血の流れを良くして行き筋肉のコリをとって痛みを軽減してゆくのですが、方法としてはマイクロウェーブであるとか赤外線、ホットパックという温熱療法もあるようです。この他の理学療法としては骨盤けん引として腰を引っ張ることで楽にしてゆく方法もあります。そのた腰痛体操などの運動療法もあります。

 
このほかには腰痛の対処方法としてコルセットなどの装具療法ブロック療法手術療法などがあります。

動物は本来は4本の足で歩いていたものですから、それらの動物には背骨というものはとして内臓などの体を支えていたもので、動物の体重はもともとは4本の足に分かれて支えるようになって安定していました。人間は進化の過程で二本足になり背骨の役目から縦の柱の役目になりました。体重は縦方向にかかることになり、特に腰の部分の骨や筋肉に負担がかかるようになりました。この背骨はバランスなどをとるのにも複雑になっているために歪みなどが少し出るだけでも、体の不調となって現れやすいのです。


腰痛~このブログのトップへ

腰痛マッサージの効果



腰を痛くしてしまうと直りきるまでに時間もかかりますし、腰痛がよくなったようでも再発してしまうことが多いようです。これ等の特徴は腰痛の恐ろしさでもあります。腰痛は何度も再発を繰り返すと慢性の腰痛になってしまいますので注意しなければなりません。腰痛の対策にはまずは普段から予防してゆくことが大切です。日常生活において、仕事やうちにいるときなども時間があるときには体操ストレッチ、多少の運動などを行うようにしたり、長時間姿勢をとり続けないようにすることや、ものを持ち上げるときなどに中腰で行うのは避けるようにします。睡眠をとる際にもベッドや布団の類は余り柔らかすぎないものを使用するのが望ましいですし、腰などを暖かくして血の流れを良くして置くことも効果があります。

 腰痛が症状となるもののうち、重いものを持ったときや急に立ち上がったときなどにいきなり激しい痛みが起こるのがぎっくり腰です。別名では「魔女の一撃」とも呼ばれることがあり、痛みの強さが特徴です。このぎっくり腰にならないためにも日常生活で予防してゆきたいものです。

 腰痛の対処方法としては腰痛マッサージがあります。腰痛マッサージは緊張した筋肉を緩め安定させる効果がありますので、血液の循環もよくなりますし痛みも軽減します。マッサージを行うことで慢性の腰痛など悪い姿勢や同じ姿勢を長時間続ける際に起こる腰痛にも効果があります。ぎっくり腰の場合には、腰痛マッサージはよくないこともありますので病院で処置してもらうのが良いでしょう。


腰痛~このブログのトップへ

腰痛の治療法



腰痛の治療法として病院で行われるのは、その人の症状や状態によって異なってくるのですが、主に腰の痛みに対して消炎鎮痛剤であるとか神経の損傷を回復するためにビタミン剤などが処方されたり、筋弛緩剤などが処方されることもあるようです。また、骨粗しょう症の場合はその薬がだされますし、精神安定剤が出されるという場合もあるようです。腰痛の対処法のひとつとしては、理学療法で赤外線を当てるだとかホットパックをおこなったり温熱療法を使ってからだの血の流れを良くして筋肉のコリをとり、痛みを緩和することなども行われるようです。

 また、理学療法の他の治療法としては運動療法として体操などを行わせるところもあるようですし、傷みが酷いようであればコルセットなどを着用の上痛みを軽くしたり矯正を行います。神経が圧迫されることが原因となる椎間板ヘルニアや脊柱官狭窄症等で腰が痛むときなどは神経に麻酔を施してステロイドホルモンと呼ばれるものを注入したり、椎間板が飛び出している場合や神経を圧迫している原因になるものを手術で取り除いたりすることもあるようです。これ等は神経ブロック療法や手術による治療法のひとつです。

 腰痛の原因になるものがわかっていて傷みなどがおさまらない場合は、一時的に痛みを伝える神経に麻酔を施してあげる神経ブロック療法という治療法があります。神経ブロック療法では、骨膜外ブロックとして脊髄の外側にある骨膜外膣に麻酔とステロイドホルモンを注射するものです。また、椎間板ヘルニアなどでは背中の側の椎骨を一部切除してヘルニアを手術で取り除く方法などもあります。

痛みを和らげる腰痛体操



腰痛の傷みをやわらげるために、腹筋背筋などを動かしてゆくことで腰痛を改善してゆく腰痛体操というものがあります。腰痛体操は自宅などで気軽に行うことができるものなのですが、注意する点としては腰などに無理をかけることなく行い、長期の間少しずつ続けてゆくことが望ましいようです。腰痛のいたみなどが強い場合などは安静にしておいたほうがよいのは言うまでもありません。

 腰痛体操のひとつとしては腰の痛みを軽くする体操などもあります。この方法は朝と夜の2回おこなうのが望ましいのですが、まずは呼吸法として腹式呼吸を行います。体操の準備ができたら仰向けになり膝を立てます。両方の手を頬にくっつけて息を吸って行くのですが、息を吸うときは鼻から吸いますし、もうすえないというところまできたら息を吐くのですが息を吐くときには口から吐き出します。この腹式呼吸を4~5回行った後に、腹筋を鍛えることを行います。腹式呼吸が終わった後、ゆっくりと体を起こしてゆくのですが、肩の部分がある程度上がったところで其の姿勢のまま5秒間ほど停止します。その後ゆっくり頭を床に戻してゆきます。

 腹筋の訓練が終わったら次は背筋の訓練です。背筋を伸ばすためにできるだけ両股を開いて両膝を抱えるようにします。最後の動作としては腹筋をほぐしてゆくのですが、仰向けの姿勢のまま片方の足をもう片方の足に交差させます。交差させたうえで腰をひねります。この動作を両方の側で行います。以上の動作を4~5回繰り返すのですが、背筋腹筋を鍛えることと腰の部分の湾曲を伸ばしてゆくことで痛みが大分和らいだと思います。この他に適度な運動を行うなどして血流などを良くしてみて下さい。



腰痛~このブログのトップへ

腰痛症の症状と原因、対処方法について



腰痛のひとつにぎっくり腰とよばれる症状があります。ぎっくり腰筋膜性腰痛症腰痛症)といい、特徴としては腰に痛みがあるもののレントゲンなどには異常は見つけられなく、内臓にも特に疾患などのないものが多くみられるようなのですが、腰痛症の主な原因としては立ったまま重いものを持ち上げようとしたり急激に立とうとするときなどに痛みが走ることなどが始まりのようです。また、前傾姿勢をとったり長く座るなどすることが原因になることもあり、温度が低いところなどで作業をしていると痛みも感じられることが多いようです。筋膜性腰痛症はいきなりやってきて痛みが激しいものであるため、ドイツでは「魔女の一撃」などといわれることもあるようです。

 ぎっくり腰とよばれる筋膜性腰痛症の原因の具体的なものとしては、筋肉や関節、神経などへ大きな負荷がかかったことであるとか疲れ、緊張などにあるようです。これ等の負荷は、体を必要以上にひねったであるとか重いものなどをよくない姿勢で持ち上げようとしたときなどに大きくかかるものなのですが、無理な姿勢や同じような姿勢を長時間とることでも腰痛症にはなりやすいですし、女性などでは生理のときなどに背骨や骨盤などのじん帯のゆるみが原因となって腰痛症になることもあるようです。

 ぎっくり腰の対処方法としては、まずは無理な姿勢をとることを止めてできるだけ炊くな姿勢をとるようにします。病院へ行けない状態のときは氷が入った袋や保冷剤などを患部に当てるのですが、その際には10分間隔でつけたりはずしたりしてください。痛みが強いようであればこの方法も中止しなければなりませんが、病院へ行ける状態になったら早めに受診してください。


腰痛~このブログのトップへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。