腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。

腰痛のつらい痛みに、このブログを読んで、 少しでもつらいのを和らげたり、症状の改善に役立てたら、 と思います。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛ベルトを使った腰痛体操



 腰痛を和らげて行く腰痛体操には、腰痛ベルトを使用して行うものもあります。

腰痛ベルトをして行う腰痛体操としては、腰痛であれば全てに効果があるわけではなく、どのような場合に効果があるかという事は医師などに相談の上で実行されることをおすすめします。また、腰の痛みなどが強く感じられるときなどや腰を痛めてから間もないとき、体操を行ったら痛みが増したなどの場合には体操は行わないで医療機関などに相談してください。

 腰痛ベルトを使用する際には、ベルトを巻く場所としては腰骨から測ってこぶしひとつに値する分だけ離れた場所に巻いてください。腰だからといってウエストに巻きつけても良い効果は得られないようです。巻く強さとしては仙腸関節の上にベルトを巻くのですが、ベルトの間に親ゆびが入るぐらいにきつく巻いてください。腰痛ベルトを巻き終わったら腰痛体操を行うのですが、まずは両足を肩幅の広さに開いて立ちます。フラフープを行うようにして一回転について2秒ほどかけて回転させます。左右両方の側でまわすのですが、片方50回ほどを目安としてまわしてください。

 腰痛ベルトを使った体操のポイントとしては、足をしっかり地面につけたうえで膝は曲げないようにしてください。腰は水平になるように意識してゆっくり行うと良いでしょう。腰痛ベルトは市販のものもあり、幅などがある程度あるものが売られているようなのですが、タイヤのチューブなどを使用しても良いようです。腰痛ベルトを使用した体操は骨盤を揺らすことで骨のズレを直してゆくという考えの下に考えられたものですので、特別に薦められる方法というわけではありません。


腰痛~このブログのトップへ

腰椎すべり症とさまざまな腰痛



腰椎すべり症脊椎すべり症ともいい、症状としては腰痛症と似たような状況ではあるのですが痛みは余り激しいものでは無いようです。

腰椎すべり症では腰の痛みのほかに下肢における痺れや痛みなどもおこることがあるようです。腰椎すべり症の原因としては、椎体がその下の椎体にたいして滑り込んでしまうことを言うのですが、脊椎が分離することによるものや椎間板が使い古されることによってもおこるもののようです。

 これ等の腰椎すべり症にはいくつかの種類があるのですが、其のうちのひとつとしては腰椎分離すべり症として、前にかがんだ姿勢において感じる症状なのですが、腰が突っ張った感じがすることやあまり安定しない感じがするもののようです。この他には「腰椎変性すべり症」として原因としては立ち仕事などを長い期間続けることによって起きるもののようで、腰痛のほかにお尻にも痛みを感じます。その他痺れが出ることもあるようです。この他には先天性腰椎すべり症」、「外傷性腰椎すべり症」、「病的脊椎すべり症などがあります。

 腰椎すべり症のほかの腰痛としては椎間関節性腰痛症として、症状は腰痛があり朝起きるときは痛みが酷いものの日中からだが動くにしたがって痛みが楽になってくるもので、原因としては腰椎にある関節に起こる炎症などがあるようです。この病気が生じる年代としては中年世代以降の人たちに多く見られるようです。この他には坐骨神経痛シュモール結節骨粗しょう症による腰痛など様々な腰痛の原因があるようです。



腰痛~このブログのトップへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。